キャンピングカーで行ける!子供が喜ぶ行楽地を中心にご紹介、 「お得に楽しく」をモットーに旬の情報をお届けします、次の休みはここにしよd(^^*)。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秩父夜祭
2008年12月02日 (火) | 編集 |
秩父夜祭
今年(2008年)も例年通り、12月2日(火曜日)宵宮(よいみや)、
3日(水曜日)大祭の日程で行われます。

kabe4.jpg

秩父夜祭(ちちぶよまつり)

 秩父市の師走名物、秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、
京都祇園祭、飛騨高山祭と共に
日本三大曳山祭の1つに数えられています。
江戸時代の寛文年間(1661~72)には
祭りが存在していたという記録があり、
300年余りの歴史があります。

 江戸時代には祭りとともに秩父絹の市が立ち、
秩父の経済を大いに潤したといわれ、
お蚕祭りとも呼ばれます。
時移り、絹市こそ立ちませんが、
秩父に住まう人々の1年の総決算には変わりありません。
「夜祭」「妙見さま」などと呼ばれ親しまれてきました。

 勇壮な屋台囃子を打ち鳴らし、
まちなかを曳き回されるのが笠鉾2基と
屋台4基の山車(国重要有形民俗文化財)です。
屋台両袖に舞台を特設しての地芝居(秩父歌舞伎)や
地元の花柳一門と杵屋一門によるひき踊りは、
秩父神社神楽とともに「秩父祭りの屋台行事と神楽」として
国指定重要無形民俗文化財となっています。



秩父への道路は混雑が予想され、
駐車場も早めに満車になると見こんでおります。
秩父鉄道、西武秩父線の、電車ご利用をお勧めします。

秩父夜祭交通規制図

秩父夜祭・観光祭り行事表

秩父観光協会

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。