FC2ブログ
キャンピングカーで行ける!子供が喜ぶ行楽地を中心にご紹介、 「お得に楽しく」をモットーに旬の情報をお届けします、次の休みはここにしよd(^^*)。
鉄道博物館に行ってまいりました。
2008年02月16日 (土) | 編集 |
DSC04807.jpg



上の子が幼稚園に行ってる間に
下の子と二人で「鉄道博物館」に行ってまいりました。

入り口ゲートはSuicaでしたらそのままゲートインできます。
鉄博会員は電子カードと引き換えてから入場です。

■中には懐かしい車両がいっぱい、
私的には「とき」が懐かしいです。
内部に入れる車両はレトロなものから新幹線まであり、
一部食事が可能なものまであります。(日替わり)
DSC04771.jpg
DSC04775.jpg




■模型鉄道ジオラマ
15分程度スタッフが解説しながら運転を行います。
DSC04788.jpg

未就学児童には専用の防音コーナーがあるので
他の人に気兼ね無く横の窓から覗けます。
DSC04783.jpg

見学に飽きた小さな子はこのコーナーで
マックスやまびこやプラレールで遊べます。
DSC04796.jpg




■原理・仕組みコーナー
この車輪の設置面積は1平方cm程度しかなく、
子供の力でもクルクル回せます。
DSC04825.jpg

多くの車両が同時に走ってもぶつからないのはなぜか!
皆で参加して学べます。
DSC04824.jpg

パンタグラフも動かして遊べます。
DSC04809.jpg



■シュミレーター
SLのシュミレーターはお父さんがマスコン握って、
お子さんが忙しく蒔きをくべる姿が微笑ましく笑えました。
DSC04806.jpg


■ミニシャトル
可愛いサイズは隣の実物と比べると一目瞭然
ノースウィングまでの百数十メートルを無料で運転しています。
中は案外広かったです。
DSC04836.jpg


DSC04837.jpg


■お昼
お弁当を買って館内のいろんな場所に
食べるスペースはありますが、
新幹線が窓越しに見えるビューデッキ(3F)や
パノラマデッキがお勧め!
DSC04817.jpg

1Fにはレストラン日本食堂の
なつかしの食堂列車の味が楽しめます。
DSC04799.jpg
DSC04801.jpg


 

ブログランキングに参加しています、
↓ポチっとお願いします。


 



スノーピークネットショップ
Snow Peak Store 楽天市場店

 

スポンサーサイト